「ピンチはチャンス!」にできる人とは

こんにちは、起業カレッジ Initial Stage主宰の伏見美映です。

起業カレッジInitial Stage(イニシャルステージ)は、

まだ起業していない会社員、派遣、アルバイトなどをしながら

オンライン起業したいと考えている女性のサポートを行なっています。

既にご存知の方も多いと思いますが、私はスキンケア化粧品会社を経営しています。

女性の活躍を応援したい、という気持ちから「仕事でキラキラと輝いている人は、肌が綺麗」と感じ、働く女性を応援するためにオリジナルの化粧品を開発しました。

また化粧品を提供するだけでなく、美容情報も提供しようとYouTubeチャンネル「大人のうるおいチャンネル」をスタートしています。

女性実業家・起業家100人インタビュー

2020年にコロナになり、さらに女性の活躍を応援したいと思う気持ちが強くなり、頑張っている女性が、女性 実業家・起業家の方々のお話を聞いて、少しでも励みになればと思い「女性 実業家・起業家100人インタビュー」の企画をスタートさせました。

毎週金曜日にこの企画の動画をアップしています。

スタートしてから気がついたのですが、1年間は52週ですから、およそ2年がかりのプロジェクトとなるわけです。想像していたより長いプロジェクトだったことに、自分で驚いている状況です。

このプロジェクトを始めてから、私自身が多くの女性 実業家・起業家の方にお会いすることができ、直接お話を聞けることで、とても刺激を受けています。

インタビューさせていただく女性 実業家・起業家の方からよく聞くのが「ピンチはチャンス」という言葉です。

「ピンチはチャンス!」とは

「ピンチはチャンス」とは、絶体絶命の危機に陥った時を、「絶好の機会」と捉えて乗り越えていくことです。

「ピンチはチャンス」と聞いたことがあるものの、実感・体感したことがある方は少ないかもしれないですね。

あなたがまだ起業前であれば、幸運にもピンチになったことがない方か、「ピンチを感じたことがない」という方がほとんどでしょう。

起業して、幸運にもビジネスがうまく回っていくならピンチなんて感じないはず。

しかし、起業したほとんどの方が、ピンチの瞬間を感じているのではないかと思います。

ピンチなんて、それほど訪れるものではないですし、ピンチにばかり陥っていたら、ビジネスになりません!

けれども、いつピンチがやってくるかわかりませんから、その時の心構えをもっておくことも大切ですね。

ピンチをチャンスに変える法則

ピンチが来たからといって、そのままチャンスに変わるわけではありません。

インタビューをした女性 実業家・起業家の方達の中で、「ピンチをチャンスに変えた」と仰る方々のお話を聞いていると、ある一定の法則が見えてきます。

〜ピンチをチャンスに変える法則〜

  1. 「ピンチを脱出する!」という強い想い(=熱意)がある
  2. ピンチを乗り越えた後の明確なゴールがある
  3. 仲間・信頼できる人に相談する
  4. 行動する

「ピンチを脱出する!」という強い想い(=熱意)は、明確なゴール達成への想い、とも言えるでしょう。そうした熱い想いがあってこそ、ピンチを乗り越えることができるのですね。

逆に言えば、強い思いがなければ、ピンチをピンチとも思わず通り過ぎてしまうのかもしれません。

そして、必ず仲間や信頼できる人に相談しています。一人でピンチを切り抜けたという人はいません。

仲間や信頼できる人に相談し、ゴールや自分の思いを共有しています。そこに「強い想い=熱意」があると、「共有」が「共感」に変わっていきます。

「共感」を生むと、人はアドバイスしたり、何かアイデアを出したりするもの。

こうしたコミュニケーションを通して、ピンチを乗り越えるきっかけが生まれます。

「ピンチをチャンスに変えた」女性 実業家・起業家の方々は、アドバイスをもらったり、何か新しいアイデアを得るとすぐに行動しています。

ピンチをチャンスに変える行動

どんなに想いが強くても、行動しなければ何もしないのと一緒。

やってみなければ、何も始まらない!

信頼のおける方からアドバイスがもらえたら、まずはその通り、やってみましょう。

いただくことができるアドバイスは、自分一人では思いつかないことだったりします。だから、アドバイス通りに行動してみる。すると、思いがけないほど上手く回り出すことがあります。

起業を考える時また起業したら、最初に行動することは、「本音で話のできる、あなたの背中を押してくれる仲間や信頼のおける人を探す」こと!

あなたの第一歩が大きく踏み出しますよ!

人間力の最新記事8件