未来の選択肢の一つ

こんにちは、起業カレッジ Initial Stage主宰の伏見美映です。

自分の「知識や経験」でオンライン起業を提案している起業カレッジInitial Stageの伏見美映です。

ある会社のリストラ

会社員として働いていると、会社の都合で経営状態などで部署の閉鎖や人員削減などが行われることがあります。

私が、起業カレッジInitial Stageを立ち上げるきっかけの一つとなったのも、ある会社のリストラがあります。

私がまだ会社員の頃、ある会社が早期退職者を募るとのニュースが流れました。

私がいる業界とも違うし、知人や友人がいる会社でもなかったから、そのニュースを聞いた時は、他人事だったと言えます。

しかし、そのニュースが流れてから数日後、人事の方に相談を受けました。

「実は、先日早期退職者を募った会社が、早期退職者たちの雇用先を求めている。必要な人材はないですか?」という確認でした。

手にしていたのは、早期退職者の方のスキルなどが書かれた書類。もちろんお名前などの個人情報の記載はありません。

残念ながら空いているポジションもなかったためお断りしました。

と同時にショックを受けたことも事実です。

早期退職者の行方は・・

リストラで、急遽雇用先を探して転職したとしても、人間関係をゼロから始めるのは、大変なことです。新しい職場に馴染めなかったら、それは苦痛に違いない。

もし、早期退職せずに会社に残っても、もしかしたら、自分が持っている知識や経験を生かすことができないポジションに移動になってしまうことがあるかもしれないし、働きづらい環境になることもあり得るだろうと思うわけです。

そしてまた数年後に早期退職を求められることになるかもしれない・・・

選択肢の一つとしてオンライン起業

正社員で働いていたとしても、決して安定が約束されているわけではありません。

年齢とともに働きづらくなる環境もあるでしょう。

もし、あなたがそのような環境にいるのであれば、あなたの知識や経験を生かせるオンライン起業を次のステップの選択肢に考えてもらいたいと思います。

会社を辞めて、これから起業するということは、全てゼロから始めるということ。

それは、転職して新しい会社に入るのも同じです。

違うのは、毎月決まった金額の給料なのか、そうではないのか。

起業することで、収入がなくなるリスクがあるのは否めません。

しかし、あなたのやり方、頑張り次第で収入は大きく変わります。

働きづらい環境で、悔しい思いをしながら働くことに迷いはありませんか?

人間関係に悩まされながら働くことに疑問を覚えませんか?

どんな人でも、何かの知識と経験を持ち合わせています。

あなたの知識と経験が誰かの役に立つかもしれません。

オンラインでビジネスをスタートするまでに、ビジネスのベースを作る準備期間は必要です。

まだ会社員でいるとしても、今からオンライン起業の準備をしておくことをお勧めします。

準備するなら、こちらのページの記事がお勧めです。

起業の最新記事8件